CONCEPT オール•イン•ワン(歯磨き&マウスウォッシュ)

ブラッシングによる歯磨きとマウスウォッシュによるWケアを!
イオンの力で浮かせて落とす進化したマウスジェル

イオンの力で口内を洗浄する次世代マウスジェル。通常のブラッ シングによる歯磨きケアはもちろん、口に含んで舌でマッサージ したり、25ml~50mlの水に1~2滴プッシュしてマウスウォッ シュとしても活用可能です。

プライマシィイオン水は、多量なマイナスの電子(マイナスイオ ン)を持っており、それはプラスを求めて汚れ・雑菌、素材の基 質の表面を覆い、マイナス同士の電気的な反発作用により基質か らそれらの汚れ・雑菌を引き離す剥離現象を生み出します。

こうして汚れ・雑菌は細部に亘って浮き上がり、洗浄、よって ブラッシングに+しづらい口内の部分でも機能する。

つまり、歯のエナメル質と歯垢の接着関係をイオンの力を活用 し、浮かせて落とすメカニズム。通常のブラッシングでのケアだ けでなく、数滴を口に含み、舌でマッサージするだけでOKなの は、そのためです。

Senior

ブラッシングによる歯磨きとマウスウォッシュによるWケアを!

洗口剤(マウスウォッシュ・デンタルリンス)の正しい使い方をご存知ですか? 歯磨きもせず、洗口剤だけで歯磨きを終わらせるのは一番危険です。 洗口剤(マウス・ウォッシュ)だけで歯周病は防げません。時間がないので歯を磨 かず、洗口剤(マウス・ウォッシュ)だけで過ごすのは絶対に止めましょう。

<効果的な洗口剤(マウス・ウォッシュ)の使い方は> 

マナーUPにプライマシィ ジェルでマウスウォッシュ! 

「しっかりと歯ブラシをして、バイオフィルムが出来ないように 最後に洗口液でW ケアーする。」それが一番の使い方です。」

1 刺激が少ない洗口剤洗口液の刺激は主にエタノールによるものです。 エタノールの含有量が多いほど刺激も強くなります。 エタノールは洗口液の 中に入っている種々の成分を溶かし込むための溶剤として用いられているものですので、刺激が強いほど効果があるというわけではありません。 

マウスウォッシュの使い方事例

マウスウォッシュには、歯磨きでは届きにくい場所の汚れを洗い流す、口腔内の殺菌・ 消臭を和らげてくれます。舌の洗浄にも役立ちます。歯磨きのときにマウスウォッシュ を使えば、磨き残しを洗い流してくれます。歯磨きのときにマウスウォッシュを併用す る方が増えています。口に含んでクチュクチュとうがいをして、吐き出すことで口の中 をキレイにできます。 ミント味のマウスウォッシュを使えば、口の中のさっぱり感があって、気持ち良いで す。ローズは上質な香りが漂いこころを豊にしてくれます。TPOに分けて使い分けるの も1つの方法です。 例えば、、昼食後やおやつの後は、マウスウォッシュを。朝、昼、夜の毎食後に歯磨き をする。 または、歯磨きは朝晩2回にして、そのほかに口の中が不快になったときに、マウス ウォッシュをシ使う

Senior

プライマシィジェル使用方法

水約25~50mL(コップ約1/8~1/4位)にプライマシィジェルを1~2滴を プッシュして滴下し、口腔内でお口をクチュクチュと動かしながら口腔内で 混ぜて使用し、 終わった後、(口中をすすぎ終わる)、吐き出してください。

定期的な歯科医の定期検診が歯周病進行予防に必要です

歯周病予防法は、歯科医院などでの定期検診です

検診のポイントは4つ。 1、咬み合わせ調整。咬み合わせが悪いことは自分では気がつきにくく、発見が遅れが ちです。咬み合わせの悪さは、自然に歯が削れてしまったり、移動したりなどと、微細 な変化が蓄積して起こるとのこと。その結果歯に負担が加わり、歯周病の進行を加速的 に悪化させる原因となります。 2つめは、歯医者さんといえばおなじみの歯石の除去

Senior

歯周病はできるだけ早い段階で 歯石を除去した方が、治療時の痛みや出血が少なくて済むそう。ちなみに、歯石を取り すぎても歯が削れるようなことは無いそうです。 3つめは、お口の中のレントゲン撮影によるチェック。歯周病かどうかの最終判断は、レ ントゲン撮影画像は、歯の周囲の骨が溶けてなくなっているかが大きな判断材料になり ます。ポイントの4、自分でも出来そうで出来ない歯磨きチェック。このチェックで、 毎日きちんと磨いているつもりでも、磨き残しとなっている場所が思いのほか多く見つ かるものです。 早めの発見によって歯磨きの方法を改善できれば、歯周病の予防につながります。

最近の研究では、口腔内の細菌群が全身の健康、体の病気もの関わっていることがわかっています。糖尿病、心筋梗塞、心内膜炎、動脈硬化症、肺炎、低体重児出産など、、、、。定期検診を受けて病気の予防にこころがけましょう