野生の犬は歯周病にならない!(人と犬の口内環境の違い)

人と犬の口内のペーハー(pH)には違いがあります。pHは物質の酸性・アルカリ性の度合いを示す数値ですが、犬の口内はpH8.5〜9.0でアルカリ性、人はpH6.5〜7.0で弱酸性です
虫歯は、酸性の環境のもと、虫歯菌が口内で炭水化物(糖質)を発酵させて酸を作り、それが歯の表面の組織を破壊します。犬の場合、口内がアルカリ性のため、虫歯菌が繁殖しにくい。また、人の唾液には食べ物の中のデンプンを糖に分解する酵素があり、犬にはこれがないため、口の中に糖があまりとどまりません。さらに、歯の形状の違いもあります。人の歯の多くは臼のような形なので、放っておけば咬み合う面のくぼみに虫歯菌がたまります。一方、犬の歯はほとんどが薄くとがった形をしているので、虫歯菌がたまりにくいのです。

だからといってマウスケアが必要ない、というわけではありません。
実際、野生でない家庭で飼育している成犬の多くが歯周病にかかっていると言
われ、それにより歯が抜けてしまうことも。犬の口内は、虫歯菌が繁殖しに
くい半面、歯周病菌が繁殖しやすいのです。

また犬の場合、歯垢がわずか数日でなり、歯石に変化するのが早いと言われています。愛犬の健康を守るのは、獣医さんではなく飼い主の役目。飼い主がきちんと 最低週1回のマウスケアをすることにより、あなたの犬のための最適な健康と生活の質がキープできます。

Dog


プライマシィが、
大切な愛犬の歯と歯ぐきを守ります



Merit 1

原料は食品に使用する成分、呑みこんでしまっても心配ありません

Merit 2

すすがなくてもOKのお手軽ケア

Merit 3

歯と歯茎の間に塗り終ったら、マウスケア終了。

ご使用方法

ブラッシングが苦手な子には...



1 人差し指に専用ガーゼ、または、綿棒等に
プライマシィジェル を付けます。(※)
2 口を少し開かせ歯が見えるようにします。
歯と歯茎をマッサージ するように歯と歯茎の間に
塗り付けていきます。
3 口はすすがなくても OK !

ブラッシングが OK な子には...



1 犬用歯ブラシを軽く水で浸した後、プライマシィを2〜3滴、プッシュします。
2 口を少し開かせ、ブラッシング。特に犬歯の裏側は
歯垢が溜まりやすいので、丁寧にケアを。
3 口はすすがなくても OK !

※慣れないうちは口を開くのを嫌がって、飼い主の指に噛み付いてしまう子も。ペット用の歯磨き用の綿棒を使うとスムーズです。まずは、前歯の外側からスタートし、慣れてきたら前歯から奥歯へ、さらに慣れたら歯の内側も......というように、徐々にマウスケアの範囲を広げていきましょう